読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんちんがダントツに安い~!

激安
男の子に性のお話をするのに買ってみましたが、よかったです( •ॢ◡-ॢ)-♡5歳の男の子の親ですが、近頃、女の子との体の違いに興味があるのか「お医者様ごっこ」などを仲の良いお友達とこっそりとやっているようなので、この本を購入してみました。そして、この本にたどり着きました。早かったかな〜と思いつつも、しっかり聞き入っています。

こちらになります!

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

ちんちんおちんちんのえほん [ 山本直英 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

が!男の子の事は分からないことが多く勉強のつもりで調べ出しました。絵も可愛く自分の大切さや赤ちゃんはどーやって出来るのかなど優しく書いていてとてもいい絵本だと思います。それ以来何度も「読んで〜」とリクエストのある本です*^^*女の子にも良い本ですね。男の子3人の母です。一度!廃盤になってしまい!もう手に入らないかと思っていましたが!購入できるようになり!とても良かったです。そういう考え方の方に最適な絵本だと思います。今後も何回も読んであげたいと思います。自分の言葉で伝えるのは照れがあるし、上手く言えなそうなので、この本に助けてもらって家庭での性教育の取っ掛かりにしようかと。男の子向きの本のような気がしました。読み終わって子どもたちが生まれた時のことを思い出して!私も幸せな気分になれる一冊です。それでもこの本を読めば!体のこと!命の大切さは十分伝わると思います。「コレ読んで」と持ってきた時に読んであげました。こども向けの性教育の本が書店に!ほぼ置いてない事に驚きです!性教育はいつ!だれがするのか?とても!デリケートな話だと思いますが!私は子どもたちに幼い時から生理の話などしてきました。4歳の男の子と7歳の女の子ですが、ちょっと恥ずかしそうに でも食い入るように見てました。何年も待ってやっと購入できました。性についてやさしい言葉とあたたかい絵できちんと書かれた絵本です。ちゃんと大事にしてねという思いは伝えたいと思っていましたが自分ではなんとも言えず・・・この絵本に気持ちを代弁してもらったような感じです。分かってる様な分かっていない様な?感じですが!この位の子には!赤ちゃんがどう出来るかや!知らない人について行っちゃダメ!とかそういうことを分からせるのに丁度良い絵本だと思いました。思い切って購入しました。やさしい挿し絵と分かりやすい文章です。始めはどう説明しようか悩んで本棚に置いているうちに、子どもたちの方がめくって絵を眺めていました。子ども達に、性教育するのに良い絵本です性教育を上手く伝える自信がなかったので、この本におまかせすることにしました。」と、男女の体の違いがわかってきた今、良い本がないかな?と思って図書館で見かけた本。この本は女の子にも男の子にも良いと思います。「おちんちん」という言葉に敏感に喰いつき!読んであげると真剣に見てました。ち〜んちんぶ〜らぶら♪と歌い始めた4歳の息子に購入しました。心が穏やかなときに読んで聞かせてあげていますがクスクスと笑う程度でいまいち反応はよくわかりませんが体は神秘的で大切なところなんだと感じてくれればいいなと思います。息子も神妙な面持ちで聞き入っていました。子どもが「からだ」に興味を持った時に、教えてやらないから、間違った知識ばかりを頭に入れてしまいます。そうして自分たちが生まれ、自分たちが子供を生んでいるのに、恥ずかしいからと隠します。最初の一冊目におすすめです。絵もかわいいですし、表現もソフトなので幼児用としてはおすすめだと思います。突っ込んで書いてありますがいやらしくなく子供にも分かりやすいと思います。文章もイラストも楽しく優しく書かれているので、時には笑いながら読めました。おすすめです。レビューの良さだけで選びましたが!買って良かったと思います。5歳の息子は自分がどこから生まれてきたのか尋ねるようになってきていたので!時々思い出したように自分で読んでいたり!確認するように大人に尋ねてきたり!かなり興味があるんだと思います。日本人は性教育をきちんとしません。学校任せで!家庭では皆無です。二歳と六才の子供もお気に入りなようで何度も読んでと持ってきます。。3歳の息子はそれほど興味を持ってる風でもありませんが、読んであげるとちゃんと聞いています。4歳の娘に買ったのですが!まだ少し早かったかな・・・小学生になる頃にまた引っ張り出して読んであげるつもりです。他のと迷ったんですが、まだ子供が小さいので、具体的な子作り方法が深く書かれていないこちらにしました。自分だけでなく!他人の体を大切にする意味でも!なるべく早めに・・・間違った知識が入ってしまう前に!こんな絵本を読んであげてほしいです。買ってよかったです2歳6ヶ月の息子に。1年生と年中さんの子どもたちが「お母さんには、パイパイがあるけど、お父さんにはないね〜。しばらくは 質問ばかりしてましたが!今は 納得したようで!我が家の性教育は無事終了したようです。